廃品廻収‐ 365 Dust box - | シムズ3のフリーウィル観察日記をメインに、たまに他のゲームのプレイレビューをしたり、絵を描いたりするブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 北の海苔 on  | 

小林さんの農場物語 10話

hmsim189.jpg

あの後、どこを探しても赤川君の姿は見当たらなかった。



hmsim190.jpg

時間にしてみれば、それは短い付き合いだったかもしれないけれど、
オレにとっては大事な友達なことに変わりは無い。


hmsim191.jpg

彼のことを諦めるなんてとても出来なくて、結局オレはこの島に住むことに決めた。


hmsim192.jpg

ただ、あてもなく海を泳いでいたあの頃とは違う。
あれから色々なことをひたすら勉強して、覚えた知識を頼りに今もこの広い海の中を探している。

hmsim193.jpg

この先、何年経っても必ず赤川君のことを・・・







hmsim194.jpg

とか小話やってないで、さっさと探しに行けって感じですよねえ。わーかってますもーん。
どうもどうも、ようこそ小林・・・今のは何かって?

えっ?ステキなオレのサクセスストーリーへのはじまり、でしょ?

・・・・・・逃避行していたいのよ。目の前の現実からさ。

hmsim195.jpg

なんだってあんなところに入って行っちゃうんすかね、赤川くんって人は!

だいたい誰が探しに行くと思ってんのよ。
オレだよ、オレオレ。

hmsim196.jpg

何かはみ出てる・・・はみでてますよ・・・


仕方ないといいますか、あー、もー!何かあったら責任取ってもらいますからねー!



hmsim197.jpg

  ゜

    。


hmsim198.jpg

・・・うわあ。
暗いところ危険、怖いこわい、もう入りたくない、何なの、ホントなんなの。うわあ。

新太   「・・・えーいち君、大丈夫かい?」
栄一朗 「それはこっちの台詞ですがっ!ていうかなんで普通にいるんすか!!」
新太   「ええ?そりゃあ、いるよ。同じところ通ってきたんだから」


そういうことじゃないでしょ!・・・そういうことじゃないでしょ!?
小林が間違ってるの?そうなの?ねえ、何とか言ってやってくださいよ。ねえ。


hmsim199.jpg

栄一朗 「もう疲れましたよ~~。そろそろ終わりにしませんか」
新太   「ん、いいけど。身体、弱いんだねぇ」


やだ!さすがのオレでも手が出ちゃいそう、この人っ!
ここが水の中でよかったですね。本当にね。

もー、どれだけ心配したと思って・・・

hmsim200.jpg

えっ



hmsim201.jpg

栄一朗 「ああああ、赤川くん!こっち来ちゃダメですよ!メッ!」

新太   「えーいち君・・・何だろう、その言葉遣い・・・」

や、そこじゃねーだろ!!


hmsim202.jpg

ちょっと!

やだっ!

まだ生きていたいっ

hmsim203.jpg

ぎゃーーーーーー!


hmsim204.jpg

さめ  「あー。おたすけー」

hmsim205.jpg

はー、ふー・・・。
お助けーって叫ぶ鮫なんていねーし。棒読み感あったし。ふざけろですよ。

でも、ざまーみろってヤツですよね!人間の本気って凄いね。
ほんきをだせば、さめにもかてる。


そうだっ、赤川くんは・・・!


hmsim206.jpg

・・・いねーし。






hmsim207.jpg

栄一朗 「あ~か~が~わ~!オレ、死ぬかと思いましたよ!?何こんなところまで逃げてんすかっ」
新太   「サメも遠くに逃げ出すなんてさすがだねえ、えーいち君」
栄一朗 「おめーのはなしだよ!!」


二人とも無事だからまあ、いいんすけどね。ちょっとだけ納得いかないです。
結局、海でもあんまり遊べなかったなあ・・・

そんなこと言っても仕方ないですもん、そろそろ戻りましょうか。





hmsim208.jpg

新太   「えーいち君、今日は悪かったね。お詫びに明日はデートでもしようか」
栄一朗 「・・・なん・・・ですと?」

hmsim209.jpg

新太   「街で遊ぶのは楽しいよ。俺が教えてあげる」
栄一朗 「え、いや、いやいや。いいですが。非常に遠慮しますが」

新太   「そのためにもゆっくり休まないと。疲れたんだろう?ほら、早くおやすみ」




hmsim210.jpg


・・・・・・・・・・。

あああああ。
どこをどうしてこうなってるんすかね!なにとぞご勘弁を!といいますか、なんでそうなったんすか!
でも・・・長い人生、こういうことも、あるもんでしょうか?

ねーよ。

次回、「デートとオレと赤川くんと、ときどき小林出張販売店」をどうぞご贔屓に、ですか?
語呂・・・悪いなあ。




キリを良くしたら、なんとも微妙な長さに・・・(^q^)<メッチャ短イナ
書いてるときは面白く、更新すると恥ずかしいのが小林農場です。かしこ。

スポンサーサイト
Posted by 北の海苔 on  | 0 comments  0 trackback

小林さんの農場物語 8話

ようこそ、小林出張販売所へ!

え?半裸の男が、どうしたですって?
やだー。もっとオレのこと気にしてくれてもいいんじゃあないですか。

hmsim138.jpg

それより良く見て。目の前にやたら主張が激しい黒くてモッサリしたものがありますでしょ。
それね、小林っていうんですよ。知ってた?


それに、あの人一日の大半は脱いでますもん。慣れって怖いね。




hmsim139.jpg

栄一朗 「小林としてはですね、食事中くらい服は着ていただきたいと」
新太   「うん?着ているよ、ほら」
栄一朗 「上だよ!上を着てよ!あなたの大事なところがコンニチハ^^してますでしょうが!」
新太   「・・・その表現もどうだろうねぇ」

何 で オ レ が 常 識 を 疑 わ れ て る ん で す ・・・!


赤川くんはご覧の通りの方なんですが、意外と過ごしやすいんすよね。

hmsim140.jpg

お願いしなくてもゴミ出してくれますし


hmsim141.jpg

演奏にも付き合ってくれたりして、とっても良い人です。


hmsim142.jpg

まあ全部半裸なんだけどね。




hmsim143.jpg

うーん・・・でも、まだ赤川くんと何を話したもんか、よくわからなくって。
オレ、仕事ばっかりで同年代の友達って少ないんすよねえ。

友達は多いんですよ!ほら、育てた野菜とかも皆ともだちだと思うタイプの人ですし、オレ。
え、ともだちを出荷するのかって?するする。




新太   「えーいち君、ちょっといいかい」

ああ、赤川くん戻ってきまし・・・

hmsim144.jpg

栄一朗 「なぜ着替えないのか!」

新太   「アドレス交換しておこうよ、せっかくの縁だからね。どうだい?」
栄一朗 「おい聞けって!」
新太   「やだなぁ。えーいち君の言う通り、着替えてきたはずなんだけど」
栄一朗 「水着に?ねえ、水着に?」

新太   「ふふ、冗談だよ。今から海に出るからねえ、これを着ただけだよ」

なんすかね、この、してやられた感みたいなものはッ!

hmsim145.jpg

で、本当にさっさと出て行っちゃいますからね。赤川くんって人は。つ、掴めねえ・・・



hmsim146.jpg

オレもお風呂にでも入ろっと。

赤川くんと話してると春子さんを思い出してしまって、ちょっと家のことが気になっちゃいますね。
オレこんなに長く家を空けたことないんすよー。

なんだか心配になりませんか?

hmsim147.jpg

ほら、滝叔父さんとか。あと・・・滝おじさんとか。


hmsim148.jpg

うーん、三人とも元気かなあ。
生活力・・・とかは無いから、どうかなあ。

hmsim149.jpg

でも、案外よろしくやってそうな気もします、叔父さんたちのことですし。
なんだかセンチメンタルでジャーニーな気持ちになるもんですね。ジャーニーが何か良く知らないんすけどね。


hmsim150.jpg

あといつまでどこ見てんのよ!えっち!



hmsim151.jpg

ふー。あ、昼風呂って案外疲れるな、これ。

え、オレって超暇そうですか!?

まさかっ!そんなっ!忙しいです。ちょーいそがしいですよ。
だってオレって、えーと・・・うん、多趣味なんですもん。そうそう、多趣味なのよね。


hmsim152.jpg

この通りベースも弾きますよ。ね、上達してますでしょ?


hmsim153.jpg

料理も好きですから、晩御飯も作りますよ。

hmsim154.jpg

しかも赤川くんの好きなものとか作っちゃうし。やだぁ、オレったら健気チャンなんだから!


hmsim155.jpg

それに壊れたコンロも

hmsim156.jpg

汚れたトイレだって小林がいればこんなにピカピカ!



・・・・・・。
や、ええとー、これはその、ちがくてー。


hmsim157.jpg

あ!魚とかも見ますよ。ええ見ますとも。


あ、ダメすか?そっかー。
だよね。

hmsim158.jpg

実はオレ、いつも暇と性欲を持て余しちゃうんすよね。
どうやって発散していいのかわからなくて。片方はちょっと言ってみたかっただけだから、そんな小林をそっと許して。

オレは毎日仕事ばっかりですし、いざ休み!ってなると、これがどうしたもんかと。


って、あれ?なんでしょう。赤川くんからメールが・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
hmsim159.jpg
hmsim160.jpg

『今日の波はいいねえ。えーいち君もおいで』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


うふふふ、海かー。海はいいもんなー。
あー、いいですよねー。海ってさー。



hmsim161.jpg

・・・・・・え、どうやってこれ送ってんの?

謎のカメラ目線な赤川くんと、暇な小林出張販売店をどうぞご贔屓に、ですよ。




hmsim162.jpg

そうだ海にいこう!あばよ!





栄一朗は普通でまともなヤツだと思っていたのですが

「小林もそこそこおかしいんだけどね!」

と、友人がそっと優しく教えてくれて、普通じゃないらしいことを最近知りました。まじで!?

Posted by 北の海苔 on  | 0 comments  0 trackback

小林さんの農場物語 7話

やあ、ようこそ小林出張販売店へ。

hmsim117.jpg


うん?俺が誰だか知りたいって?

ははぁ、そうか。自己紹介がまだ済んでなかったからだね。


hmsim118.jpg

俺は―――




hmsim119.jpg

栄一朗「ちょちょっとw待ってwマジでww落ち着け的なwwつーかギャラクティカ意味わかんない系ーっ!」

新太 「俺はキミに落ち着いてほしいね。どっかの赤眼鏡の子みたいになってるよ」

栄一朗「と、とりあえずちょっと待って。ちょっとでいいから!ねえ!そこで少し大人しくしていて下さいよ!」
新太 「OK。それじゃあ少しだけ、ね?」


hmsim120.jpg

ハァー・・・ようこそ、小林出張販売店へ!

小林はオレです!ここの店主は、小林 栄一朗なんです!つまり主役はオレですよ!ですよね!?
うんっ!そう、そのはず。そのはずですし、うん。


hmsim121.jpg

はい?あっちの方が?・・・顔が、良いからってそんなもん知らんわッ

ところであいつは誰だって・・・えっ?




えっ?


hmsim122.jpg

オ レ が 教 え て ほ し い く ら い で す よ !


気付いたら知らない男が同じベッドに寝てたこと、あります?
・・・・・・・・・オレ?そりゃあもう、オレはあるよ。


や、ねーよ。その状況はねーよ。つまりどういうことなんだよ。



hmsim123.jpg

新太 「で、キミはさっきから誰と喋ってるんだい」
栄一朗「貴方もさっきこれと同じことを普通にやろうとしてたんですからね!?」



一先ず今の状況を簡単に三行で説明するとすれば、ですね。


hmsim124.jpg

寝ようとしたら

hmsim125.jpg

オレのベッドに

hmsim126.jpg

男が寝てた。


もうオレには何ひとつ意味がわからないよお・・・



hmsim127.jpg

栄一朗「貴方はどちら様なんすか?そもそも、なんでオレの家にいるんすかっ」
新太 「うーん・・・ここ、知り合いの家のはずなんだけどねぇ」

栄一朗「ははは、まさかそんな馬鹿な・・・えっ?


hmsim128.jpg

新太 「この家、知り合いの別荘だって話で。休みの間だけ借りる約束で来てるんだよねぇ、俺」



そういえば春子さん、ここに来る前に確か・・・

hmsim129.jpg

「知り合いが別荘使っても良いわよ~って言うのよ。だから、たまには英一郎ちゃんも羽を伸ばしてきなさいよ」

hmsim130.jpg

「あ、シンクは直して行って頂戴ね」

さりげなく押し付けられた修理の方に頭がいっぱいで、台詞の最初の方すっかり忘れてたじゃないですかー!!
えー!小林ったらうっかりさんじゃないですかー!ヤダー!



hmsim133.jpg

栄一朗「あ、あの、えーっとですね」
新太 「どう?俺の疑いは晴れそうかい?」

栄一朗「そこはその・・・すみません・・・。でっ、でも!オレがベッドに入ろうとした時、止めてくれても良いと思うんすよ!」


hmsim131.jpg

といいますか、止めますよね。めっちゃ止めますよね。
親方ー!空から女の子がー!って美少女が現れたとかじゃないんすよ。

男ですぜ。頭もじゃもじゃした男なんですぜ。
オレですか?オレは止めるよ!?そりゃあもう、全力よ。全力でな!



hmsim132.jpg

新太 「別に、止める理由がないからなぁ。キミだったらひと夏のアバンチュールも悪くないね」
栄一朗「悪いよ!?止める理由しかなかったよ!!」

新太 「ふーん?そんなに気にする程でもないと思うけどねぇ」


・・・最近、ぶっとんだ人に会うことが多くなった気がするんすよね。正月のあの人達とか、まさにそうですよね。
これはオレのせいなの?ねえ?

小林だけはまともな男だと思っていましたのに!やだっ!もうっ!



hmsim134.jpg

新太 「ブッキングしてしまったものはしょうがないさ。自己紹介くらい、させてもらっても良いかい?」
栄一朗「そういえばそうでした・・・オレも名前くらいは聞きたいですし、どうぞ」



hmsim135.jpg

挨拶が遅くなってごめんよ、俺の名前は赤川 新太さ。
気軽に"シンタ"って呼んでほしいなぁ。

趣味はウォータースポーツ。好きな食べ物はハンバーガーでね、ちょっと意外かな?
それと俺の好みのパンツは



hmsim136.jpg

栄一朗「下着の趣味とかいいから!余計なこと紹介しなくていいから!思いつきで何を知らせようとしてんすか!?」
新太 「そうだね。それじゃあ、これからよろしく。ね、えーいち君?」

栄一朗「あっ、はい!って、えっ



この人、このままココで過ごす気かよ!!

イマドキっ子の行動力って信じられない・・・もう小林なにもしんじらんない・・・

hmsim137.jpg

赤川さんも一緒に、小林出張販売店をどうぞご贔屓に、ですか・・・?






赤川さんが新鮮だったので、気付いたら赤川新太しか撮れていませんでした。
当然、撮り直しになったよね。なんてこった/(^o^)\

Posted by 北の海苔 on  | 2 comments  0 trackback

小林さんの農場物語 6話

ようハフッこそ!ハフハフッ小林出張ゴクンッ販売ゲホッゲホッ

hmsim85.jpg





・・・ようこそ、小林出張販売店へ!

hmsim86.jpg

え?今のいままで何してたのか、ですか?



hmsim87.jpg

…まさか柚子胡椒で食あたりになるとは、いくら農家のオレでも予想外だと思いますでしょ?そうでしょ?
腹痛からのその後は風邪でダブル攻めですよ。ヤですね、もうオレったら。



ところでお前は誰だって…え!?

hmsim89.jpg

じゃあ逆に聞いちゃうけど、今まで誰だと思って見てたのよ!こ、こ、この浮気者っ!


hmsim90.jpg

小林じゃん!どう見たってこの後ろ姿は小林 栄一朗じゃん!
口調を変えたって小林は栄一朗でしょ!そうでしょ!?

ええー…証拠ぉ?やだなあ、そんなの髪型でなんとなく察っするふわっとした感じでお願いしますよ。ねえ?


hmsim91.jpg

や、顔は出さない主義。


hmsim92.jpg


そうそう、せっかく来ていただいたんですが実はバカンス中なんすよ、オレ。
…最近?なんか農作業してない気がする?

ははは、まさかそんな馬鹿な。




えっ?



hmsim93.jpg

細かいことは置いておきましょ。そうしましょ。
だって見て下さいよ、この景色。


hmsim94.jpg

青い海!(薄暗いけど)


hmsim95.jpg

青い空!(曇ってるけど)


hmsim96.jpg

そして素敵なオ・レ。


hmsim97.jpg

バカンスって感じあるわー。これはとてもバカンスってかんじあるわー。
むしろバカンスといえば小林ってぐらいはあるわー。





hmsim98.jpg

・・・言ってみたかっただけですって。



hmsim99.jpg

実際は単なるお仕事で来たんすよー。
出張販売をやることになったのですね。


で、

hmsim100.jpg

叔父さんから野菜の出荷ついでに珍しい海産物とか探してこいって言われてまして。


hmsim101.jpg

「それは農家の仕事か?オレはそれを本当にしなきゃいけないか?」


hmsim102.jpg

・・・って言ったんですけどね。なんかね、小林ね、すっごい無視されたのー、無視ね。もうしんじられない。


いいんです、いいんですよ。
何か良く分からない物で作った塩辛とかお土産にするから。別にオレおこってないし。べつにさ。


だから、ほら。野菜もちゃんと育ててますでしょ?

なんと、うちの農場にも依頼が来たんです!




hmsim103.jpg

チーズ栽培の。



hmsim104.jpg

野菜じゃ…ない、よね…

調べましたけどこの本には載ってなかった。多分どの本にも載ってなかった。


でもこれが結構、楽しいんすよー。

あっいや、チーズの方じゃなくてさ。


hmsim105.jpg

お隣さんもいない様な場所ですから、気兼ねなくベースの練習も出来ちゃうんですよ!


hmsim106.jpg

テレビ占領して運動とかしちゃったりしてね!ウフフフ


hmsim107.jpg

それに凄いんですよ!お皿なんて一枚分洗うだけでいいんです!!ああん、パシられないって素敵っ!



ああ・・・。
ああー・・・、1人暮らしって最っ高だなあ・・・



って、初日から飛ばしすぎましたね。はしゃいじゃってオレったら!

hmsim108.jpg

やらなきゃいけないこと沢山ですから、今日は早めに寝ましょうね。

hmsim109.jpg

えへへ、明日からしばらくはひとりを満喫出来ると思うと・・・
もう何だか感無量でして・・・だんだん、眠く・・・なって・・・


hmsim110.jpg

hmsim111.jpg

モゾモゾ

hmsim112.jpg

・・・もぞ?

hmsim113.jpg

hmsim114.jpg







hmsim115.jpg

!!・・・?・・・・・・!!?


hmsim116.jpg

・・・この人、何よ。


Posted by 北の海苔 on  | 0 comments  0 trackback

小林さんの農場物語 5話

ようこそ小林農場へ!
あっ、洗面台はいつものことですから気にしないで下さいね。

hmsim68.jpg


え?誰だお前、ですか?
もう潰れたと思ってたって・・・

hmsim69.jpg

うちの農場まだあるよ!?


あと、その言い方は覚えてないと出てこない台詞でしょうが!
小林でしょ。小林 栄一朗でしょ。

もう何回やるんすか、この流れ。それもこれもオレの出番が少ないばかりにっ


hmsim70.jpg


メイン世帯はどうした、ですか?
ああ、なんだか今は引越しの準備に忙しいらしいんすよ。「俺は都会に帰る」って仏頂面の人が言いだして・・・

ってだから何の話してるんですか。いつも聞かれるその人たち誰なんすか、もー。
オレは小林ですよ?大事な事だから二回言いますね、小林 栄一朗です。


えいいちろう、です。


最近 「また地味めな名前つけたね」 と言われました。くっそ。
全国の栄一朗さんに謝ればいいのにね。



hmsim71.jpg

さて、せっかく来て頂いているところ申し訳ないのですが、今日は農場はお休みなんすよ。
おっさん達の世話をするマンネリな生活にはもうアタシ、飽き飽きなのよね。


オレだってたまには外出して羽を伸ばしたいんすよ。


hmsim72.jpg

でもヤダ今すごく眠い!




hmsim73.jpg

さあ着きましたよ。今日はここでゆっくり過ごしましょうね。

知ってました?オレ、釣りが趣味なんすよ!
えっ、知らないんですか?まさか、そんな馬鹿な。


結構上手なんすよー。いっぱい釣れたら晩飯にしよ。


hmsim74.jpg

どうです、凄いでしょう?
これは今日の晩飯期待できそうですね!


hmsim75.jpg

hmsim76.jpg


うん、たぶん赤身。


hmsim77.jpg

次はもっと健康そうな魚が釣れると良いですね。
白身魚のフライとか食べたいなあ。


hmsim78.jpg

君はもういいよ、もういいんだ・・・!



hmsim79.jpg

釣りばっかりしてても飽きちゃいますもんね。
せっかくです、オレのお気に入りの場所に案内しますよ!

hmsim80.jpg

ここ、いい眺めなんすよ。デートなんかにも良いと思いますでしょ?・・・や、独りなんだけどさ。


hmsim81.jpg

ちょっと通りますよっと。


hmsim82.jpg

あっもうオレ眠いです!耐えられないです!
だったら帰りましょ、そうしましょ。




・・・そうだ。オレ、お願いがあるんです。

あ、あの・・・・・・

hmsim83.jpg

今度また会えたら、オレのもう一つの趣味にもお付き合いしてくれますか?



えっ?
そこまで出番がないはず?

・・・あるよ。絶対あるって。



hmsim84.jpg

これからの出番のために、どうにか小林農場をどうぞご贔屓に、ですよ!

それじゃあ、おやすみなさい。







小林農場日記は書いてる時がすごく楽しくて、後で恥ずかしさに身悶えています。毎回よ。
久々の小林にお付き合いありがとうございました!

Posted by 北の海苔 on  | 2 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。