廃品廻収‐ 365 Dust box - | シムズ3のフリーウィル観察日記をメインに、たまに他のゲームのプレイレビューをしたり、絵を描いたりするブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 北の海苔 on  | 

2014年正月お茶番その3


あれ?ん?なんだか帰り損ねてませんかね、これ。

2014new_84.jpg

赤毛の彼ってばサラッと自然に連れて行くもんだから、ついね。つい。
ああ、オレが女の子じゃなくてよかったですね。

だってもしそうだったら、今頃オレの貞操がピンチだもの!


2014new_85.jpg

・・・思いつきで言ってみただけですよ。





2014new_86.jpg

栄一朗「あ、あけましておめでとう、ございまーす・・・」

良介  「・・・・・・。」




2014new_87.jpg

良介  「おい、俺は牧田を呼んで来いと言ったんだろうが。誰が不審者連れて来いって言ったんだ?
      まだ寝ぼけてるのなら、寒中水泳でもさせてやろうか?」


2014new_88.jpg

譲治  「今回のは俺だって不可抗力だっての!そもそも良介、アンタ自分で呼びに行けよ」
良介  「何のために?」

譲治  「アンタが言い出したんだよ!」


2014new_89.jpg

良介  「見ての通り引越し中で立て込んでる。お前、このクソ忙しい時に何しに来た」

栄一朗「やだっこの人、顔のわりに可愛げな・・・い、あー違うそうじゃない、ええと・・・
     オレ、ある人の代わりに皆さんに新年の挨拶をしながらお話して回ってるんですよ!」


2014new_90.jpg


正義  「えっ、えっ、もう1月7日ですけどー!マジ遅ぇしwww」

栄一朗「クリスマスがずれたんですよ。正月もずれるに決まってますでしょ?そうでしょ?
     やだなあ、てことはまだ三が日でしょうよ。カレンダーって都合よく変わるものですし」

正義  「ねーよwww」


2014new_91.jpg


栄一朗「大丈夫、ちょっと挨拶するだけなんすよ。ほら、あけましておめでとうございます!
     それじゃあえーと・・・桜庭君、からですね。主役っぽい目標とかお願いします」


2014new_92.jpg

良介  「引越し」



2014new_93.jpg


栄一朗「それは今やってることだろ!!そういうことじゃないんすよ!」

良介  「どこが悪い?」

栄一朗あえて言うなら態度が悪い!もっと輝かしい未来の話で攻めて下さいよ。夢と希望のつまった感じのやつ」


2014new_94.jpg


良介  「なら音楽活動をさせろ」


2014new_95.jpg

栄一朗「それはただの要望じゃないですかー。人様にお見せする目つきじゃないですしー。もー、小林この人やだー」




2014new_96.jpg

栄一朗「じゃあ次の牧田君・・・は、質問でした」

『男の人と女の人どっち派なんですか?』

正義  「正月関係ねーしwwぶっちゃけ聞くことなかったんしょww」

栄一朗「メモだからオレのせいじゃないの、オレに言ってもダメなの」


2014new_97.jpg

正義  「つかどっちも好きですけど?」


2014new_98.jpg

譲治  「えっ?」
正義  「えっw」


あ、これは今のいままで布施君が知らなかったパターンのやつ。



2014new_99.jpg

栄一朗 「さてと、最後は布施君ですね。代表して挨拶をお願いします」

譲治  「代表は良介だろ?俺でいいのかよ」

栄一朗 「桜庭君はあの通りですし、牧田君はこの通りですから。もうおわかりですね」



2014new_100.jpg

「よう。あけましておめでとう。・・・つっても、随分遅くなっちまったもんだな」


2014new_101.jpg

「俺達は今年もくだらねえことしかやんないけどよ、良かったら暇つぶしにでも寄ってくれ。
 これからもまた、一年よろしく頼むぜ」





2014new_102.jpg

栄一朗 「普通すぎて思わず目をそらしちゃう挨拶、ありがとうございました布施君!」
譲治 「すげー悪口!

栄一朗 「あとで見返したときに身悶えればいいじゃない?」


2014new_103.jpg

栄一朗 「あ、布施君にはもう一つ大事なことがあってですね。あの、いい加減いつ好きって言うんで」
譲治  「もうアンタ帰ってください本当にお願いします」


2014new_104.jpg

正義  「てか引越し中だし、ガチ困りんぐー。てか激おこなの的なね。良ちんが」


2014new_105.jpg


良介  「居座る気なら手伝わせるぞ。お前、そんなにこき使われたいのか?おかしな趣味してるな」


2014new_106.jpg

栄一朗ヤだよ!オレには君のキャラがつかめないよ!もう帰ります、かえりますったらー!」


2014new_107.jpg

良介 「また来いよ」
栄一朗 「 もうこねーよ! 」





2014new_108.jpg

・・・早く引き上げて帰りましょ。そうしましょ。
















2014new_109.jpg

ふう。汗だくですよー冬ですのにね。ひたすら暑いんすよ、アレ。
着せようって考えた人お馬鹿さんなんじゃないの、アレ。



2014new_110.jpg

三が日から、何だかめいっぱい疲れちゃいましたね。
え?三が日おわってるの?・・・目を瞑ろうよ。



2014new_111.jpg


・・・・・・それにしても彼らの家、楽器たくさんありましたね。

三人でバンドとかしてる人なんすかねぇ。ああ、いいなあ。


オレ、叔父さん達には内緒なんですけど・・・実はベーシストになりたくって。
そして都会に行ってね、いつか・・・


2014new_112.jpg


いつか・・・


2014new_113.jpg



2014new_114.jpg

ぴぎゃっ!野菜の世話してないじゃないですか!




2014new_115.jpg


2014new_116.jpg

「栄一朗、お前は帰ってきたばかりだろうが。どこ行くつもりだ」

「野菜の世話ですよ!滝叔父さんってばちょっとは気を利かせといてくださいよー、もう」


2014new_117.jpg

「おい、外出るなら髪かわかせよ」

「わっ、世話好きのおじさんって柄じゃないですよ滝叔父さん。
 うーん・・・それに、髪の手入れって面倒くさいから苦手なの知ってるじゃないですか」

「馬鹿言ってねぇで、せめてタオルぐらい巻いときな。風邪引くぞ」



2014new_119.jpg

滝叔父さんはああ見えて結構な心配性でして、似合わないでしょ?

それじゃあ野菜の手入れしちゃいませんとね。



2014new_120.jpg

「って、あれ?どうしたんですか、リラちゃん」


2014new_121.jpg


「あのね、野菜のお手入れはリラがぜーんぶしておいたよ?
 滝おじさんがお掃除手伝ってくれたから、その間にやったんだ!」

「えっ・・・」

「あとね、春子お姉ちゃんがおやつ買ってきてくれたよ!栄一朗ちゃんのこと、みんなで待ってたの」


2014new_122.jpg

「ねー!栄一朗ちゃん!早くはやくー」



・・・・・・・・・。


都会にはずっと憧れてます。
でも・・・やっぱりここで過ごすお正月、楽しいんですよね。


だからまあ、いっか。




あの、メイン世帯もいいですけど・・・たまにはうちにも遊びに来てくださいね!











2014new_123.jpg

また今年も小林農場をどうぞご贔屓に、ですよ!





慌ただしい正月のおはなし
******************************************** 

おしまい。


スポンサーサイト
Category : The茶番
Posted by 北の海苔 on  | 0 comments  0 trackback

2014年正月お茶番その2


なんですか!もー、どうなってんすか近頃!クリスマスから皆して甘い空気だしちゃってさあー
えっ?オレ!?

2014new_43.jpg


・・・いつも通り野菜と過ごしたよ。


2014new_44.jpg

2014new_45.jpg

2014new_46.jpg

この屈辱はらさいでか!




2014new_47.jpg

ふー・・・・・・あっ

今ので指示が書かれたメモ一枚飛んでっちゃいました。



2014new_48.jpg

出番が多いようで少ない方々がいらっしゃったみたいなんすけどね。

でもかえって良かったかもしれません。
何だか不思議なメモだったんですよ、アレ。


2014new_49.jpg

同じ人の名前のところにまるで別人が写ってて、どういうことなのかわからなかったんです。

またいつか登場する機会が出来るとよいですね!それまで三人は強く生きてね!





2014new_50.jpg

2014new_51.jpg

うーん、にしても次は誰でしたっけ。
勢いでつい違う街まで走ってきちゃって何がなんだか・・・



2014new_52.jpg

アレックス「わっ!君、前見ないと危ないですよー」
栄一朗  「え」


2014new_53.jpg

栄一朗  「うわっ!あいたた・・・すんません、オレぼーっとしてて」




2014new_54.jpg

アレックス「こちらもすみませんでした。もっと早く声をかければよかった」
  要   「大丈夫ー?ふたりとも怪我とかしてなーい?」

栄一朗 「あ、いえいえっ」



2014new_55.jpg

アレックス「何かあってもいけません、うちで休んでいったらどうです?すぐそこにありますから」
栄一朗  「わあ・・・この人やたら優しい!さすが何かと贔屓されてるだけありますね!」

 要  「んー?ひいき??」
栄一朗「や、こっちの話なんですよね、うん」


2014new_56.jpg

アレックス「とりあえず冷えないうちに行きましょう。知り合いも丁度来てますよー」






2014new_57.jpg

アレックス「奥にいるのがダイスケ君ですよ」
栄一朗  「よかった!都合よく皆いるんですもん。オレ、皆さんのことを探してたんです!」

 大介  「また何かおかしなことが始まるのか・・・」



2014new_58.jpg

栄一朗「あけましておめでとうございます。さっそくですが、久里浜君とアレックス君には挨拶じゃなくて質問です。えー」


2014new_59.jpg

栄一朗 「お二人は付き合ってるんすか?もしくはその予定があるんですか?」

アレックス「え」

2014new_60.jpg


アレックス「え?」


2014new_61.jpg

栄一朗  「あれ、違うんですか?てっきりそういう仲なのかと思われてますよ」
アレックス「ボクと久里浜君は一回り離れてるんですよー?手なんか出してたら捕まっちゃいます。
       君じゃないんですからー」

栄一朗 「オレはロリコンとかじゃないからね




2014new_62.jpg

栄一朗「次はお兄さんの番、ですね。え?お兄さんって誰の?
     まあ、おいといて。お兄さんにも質問です。好みのタイプってどんなですか?」

 大介 「もう少し正月にちなめよ!」



2014new_65.jpg

 大介 「そうだな・・・照れ屋なところが可愛くて、ちょっと態度がデカいが可愛いくて、
      綺麗好きで実は料理も出来るところが家庭的で可愛くて、口が悪いけどそこも可愛いやつ・・・かな」


2014new_64.jpg


栄一朗「ただのブラコンじゃねーか!君の兄弟愛は聞きたかないのですよ、別に!要約すると全部可愛いにされるし!」

大介 「可愛いだろうが」


2014new_66.jpg


栄一朗「それについては知らないですよ!もー、時間ないからオレはこの辺でお暇です!」
大介 「あっ、おい!」





2014new_67.jpg


ああー・・・勢いで飛び出してしまったせいで、一枚メモが残ってるのを忘れちゃってました。

これは、えーと何々・・・


『小林ってキャラがアレックスの二番、煎・・・じ・・・』



・・・・・・・・・。


2014new_68.jpg

こういうメモは、

2014new_69.jpg

こうして、

2014new_70.jpg

こうね。


2014new_71.jpg

次で最後ですからサクサク行きましょう、次に。








2014new_72.jpg

・・・うっ、なんだかヤな予感がしません?ここを開けたら最後、
「 メイン世帯って誰ですかから始まる自己紹介までの一連の流れ 」が言えなくなるような・・・そんな気がします。


2014new_73.jpg

あーもうオレ帰っちゃおうかなー。



2014new_74.jpg

栄一朗 「よし、思い切って帰」
 正義 「つーか家の前で喋ってんの誰ですかーみたいな。お経は間に合ってまーす」



2014new_75.jpg

栄一朗 うっわっっ

 正義 「ビビったのはこっちだしwwつーか何?ピザとか頼んでないしー。最近のピザ屋って自主的に配達してる感じ?」
栄一朗 「や、ピザ屋ではないです」



2014new_76.jpg


 正義 「え!?Konozamaで頼んだあの夜のお供用DVD!?」


2014new_77.jpg

 正義 「だからー、アレはー、DVDデッキ壊れたからキャンセルつったじゃん!
      手元にあるのに見れないとか生殺しじゃん!ないわー。そういうのマジないわー」 

栄一朗 「君の性事情はどうでもいいんだよ!!」



2014new_78.jpg

 譲治 「おい、正義!正月に家の前で何の話してやがる。新年早々ご近所から苦情くるわ」



2014new_79.jpg

 正義 「この後ジョージが近所のスーパー行くじゃん?お惣菜探すじゃん?したら、周りの奥さんから
      『まあ!あの赤毛の人、夜のおかずに困ってるらしいわよ~(笑)』とか言われんの。えーダッセーww」

 譲治 「そんな下世話な奥さんいねーよ!それに困ってんのはお前だろ・・・」
 正義 「あ、良ちんいるもんね」

 譲治 「そういう意味じゃねえよ!ソレ聞こえてたらどうしてくれんだよ!?


2014new_80.jpg

 譲治 「はぁ・・・・・・ったく、お目出度い格好してるソチラさんは、何のご用事で?」


2014new_81.jpg

 正義 「んー、なんか僕の夜のたしなみについてのアンケート的な」


2014new_82.jpg


栄一朗 「言ってないですし!それについて詳しく知りたくないですし!
      なによ!さっきから黙って聞いてれば、DVDデッキがないならエロ本を読めばいいじゃない!ばか!」



2014new_83.jpg

 正義 「その線もアリだよねwwww」

 譲治 「もうちょっとホントにやめろって!怒られンの俺だからな!?
      頼むから、せめて家に入ってくれよ・・・」



>>しぶしぶ家の中に入る?

Category : The茶番
Posted by 北の海苔 on  | 2 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。