廃品廻収‐ 365 Dust box - | シムズ3のフリーウィル観察日記をメインに、たまに他のゲームのプレイレビューをしたり、絵を描いたりするブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 北の海苔 on  | 

12月26日とほんの少し聖なる夜のおはなし

聖なるクリスマスの夜は
もしかすると、遅れてやってくるかもしれない。

Merry Christmas!

26xm_01.jpg

続きからいつもの茶番です(※BL注意)



正義  「ジングル・ベール!じんぐる・べーる!」

26xm_02.jpg

正義  「12月といえば、クリスマスじゃん?もう12月中ずっとクリスマスみたいなもんじゃん?
     それぐらい素晴らしいじゃん?つまり考えた人マジ天使の激やばたん。きゃわわわ!」

アレックス  「さっきから何が言いたいのかさっぱりですよー」


26xm_03.jpg

      「マッキーずっと楽しそー。いいなぁ・・・お酒ってそんなに楽しいんだね」
アレックス  「あ、久里浜くん駄目ですよ?君はまだ未成年なんですからね~」


26xm_04.jpg
26xm_05.jpg

      「えー。もう19歳だから、いけなくない!」
アレックス  「いけませーん」

      「えー!アレクのけちー!」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

正義  「つかさあ、つーかさあ、聖夜なわけじゃん?イベントじゃん?
     思ったんですけどー、普通に飲んでるなうとかありえなくね?」

26xm_06.jpg

正義  「勝負とかした方がいいと思うじゃん!あれよ、飲み比べちゃうううー的なね!?」


26xm_07.jpg

26xm_08.jpg

正義  「つーわけで、勝負しよーぜ」



26xm_09.jpg

譲治  「ヤなこった。お前、絶対弱いじゃねえか。
     弱いヤツは相手にしない主義なんでね、出直して来いっての」



26xm_10.jpg

正義  「うっわ!そゆのウッザウッザwwwやってみなきゃわかんなくね。つーかわかんねーじゃん!
     なんすかー?未来見えちゃう系っすかー?」


26xm_11.jpg

正義  「あー、あーね。アレっしょ。ジョージ実はビビッてる的な。
     え?え?ジョージ、ビビってる系?うわ、マジウザいわー。ホントないわー。ねえねえ、今どんな気持ち!?」
譲治  「お前がうざいわ!」


26xm_12.jpg

大介  「あのなあ・・・医者の前で飲み比べなんてするなよ。俺の目につかないところでやってくれ」


26xm_13.jpg

正義  「OK、わかったわかった。じゃあ賭けっから。僕の本気ガチ賭けすっから。」


26xm_14.jpg

正義  「勝った方のお願いを~~、聞いちゃうとすんじゃん?したらジョージも本気出すじゃん?」
譲治  「いらねえっての。お願いってお前わりと何も出来ねーだろうよ!」

大介  「おい、俺の話聞いてなかったろ」



正義  「つか僕が聞くとか言ってなくね?お願い聞くのは僕じゃないから」


26xm_15.jpg
26xm_16.jpg

正義 「良ちんだから」

良介 「は?」



26xm_17.jpg

大介  「ふざけんな。ちょっと待て」

正義  「えっ。なんか問題ある感じ?ないよね?」
大介  「いや問題しかないだろ!」


26xm_18.jpg

大介  「うちの大事な弟をお前たちの遊び道具にするな。仕方ない、俺も参加しよう

アレックス  「何をどうしてそうなったんですかダイスケ君」

正義  「えーじゃあもう皆でしよー。ハイもう決まったから、すぐやるから。あ、アレ君も入ってっから」


26xm_19.jpg

正義  「ハイ、どーぞ!」


26xm_20.jpg
26xm_21.jpg

アレックス  「困った人たちですよねえ。どうなることやら」
      「うあー・・・ねえアレク、僕もうねむーい」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





26xm_22.jpg
26xm_23.jpg
26xm_24.jpg
26xm_25.jpg
26xm_26.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

26xm_27.jpg

26xm_28.jpg

「全く何をしているんだお前達は。俺をダシに遊ぶな」
「す、すんませんでした・・・」


26xm_29.jpg

「でもアンタってやっぱり酒強ぇよな。酔ってるとこ、見たことないぜ・・・アンタにはさすがに勝てそうにねえな」
「お前が弱いだけなんじゃないのか。俺だって普通に酔うぞ」

「嘘つけっての・・・それに俺、結構強いんだぜ?さっきの飲み比べだって俺の勝ちだったじゃねえか」

「まあ、お前が残ったのは意外だったな。兄貴も結構強いんだが」

26xm_30.jpg

「で、何が良いんだ?」


26xm_31.jpg

「え?」

「欲しい物。賭けだったんだろう」
「アンタがんなこと言い出すなんて、それこそ意外っつーか・・・まさか酔ってんのかよ?」

「・・・やかましい。必要ないなら別に俺は構わん」

26xm_32.jpg

「待てよ、あるって!一つだけして欲しい事があんだよ」
「何だ。せっかくだから聞くだけ聞いておいてやる」




「名前、呼んでくれよ」

「・・・・・・は?」



26xm_33.jpg

「もう付き合い長いってのに、未だにアンタ苗字呼びするだろ?俺は正義と同レベルかよ」
「俺は誰相手でも苗字でしか呼んでないが」

「だから、呼ばせてみたいんじゃねえか。ほら、レアものーって感じすんだろ?」

「ふざけんなタコ。まあ気が向いたら考えておく」



ふざけてるつもりなんてないのにな。だって本当にそうなんだ。
俺だけしか呼ばれないからいいんだろ。

アンタの、特別みたいで。



26xm_34.jpg

「何だよそりゃ、ズルいだろ。アンタが聞いたくせによ」
「聞くだけ聞いてやると言っただけだろう?・・・にしても、雪が強くなってきたな。そろそろ戻るぞ」


「あー、俺はもうちっと見てくわ。雪、好きなんだよ」

「雪が好き・・・か。なんだ、お前は犬だったのか?それとも馬鹿か」
「馬鹿はアンタだ」


26xm_35.jpg

「雪の日はいい思い出ばっかりなんだ。昔、雪の降る日に大事な約束をしてからな」



アンタが忘れちまってる、"あの日"からずっと。



「なあ、良介」

26xm_36.jpg

「・・・俺はアンタに会いに来てよかった。ブリッジポートに行っちまったアンタを、迎えに行って良かった」

「な・・・なんだ急に」

「良介と一緒にいなかったら、今頃は屋敷の中で演奏会でもしてたろうからなあ。
 布施家の坊ちゃんしてるだけのクリスマスよりずっと楽しい」

26xm_37.jpg


「俺が演奏する気になったのも、誰かと馬鹿みたいに騒わげるようになったのも・・・アンタのおかげなんだ、全部」


あの日あった事をアンタが何も覚えてなくたって、それでも。


「だから、これからもアンタと一緒に・・・」













26xm_38.jpg

「え、」

26xm_39.jpg

「・・・りょ、良介?」
「黙れ。こっち向くな、そのまま向こうむいてろ。さもなくば突き落とす」



26xm_40.jpg


「はい!?どうしちまったんだよ急に!」
「ふざけんな、それはこっちの台詞だ!お前が、お前が・・・っ!急に柄にもないこと言うからだろうが!」
「だからって、何で・・・」

26xm_41.jpg


「いいから黙ってろ!とりあえずこっち見んな」
「なあ。何で、アンタのこと見ちゃいけねーんだ?理由がわかんねえと、頷けないぜ」



「・・・今、何かおかしいんだよ!おかしい、から・・・!」


26xm_42.jpg

「お願い。俺のこと・・・見ないで、譲治・・・」




なんだ。


26xm_43.jpg

アンタ、そんな顔も出来るんじゃねーか。

きっとそんな顔をさせられるのは俺だけだって。
せめて今日だけは、そう思うくらい許されたっていいだろ。



「良介。なあ、良介」
「なっ・・・!こっちを見るなって言ったろうが、馬鹿野郎・・・」

26xm_44.jpg

「見えてないぜ、俺には何にも。ほら、こうしてりゃ見えねえよ」


26xm_45.jpg

「ちょっとだけ、こうしてたら駄目か?アンタが落ち着くまで・・・ほんの少し」



「・・・・・・・・・駄目じゃない。いや、違う・・・」


26xm_46.jpg

「そのままが、良い」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








Thinking of you with love at Christmas. 









26xm_48.jpg

26xm_49.jpg

「あーあーあー。まったく手間がかかるっつーかなんつーか、ティーンかよって。
 もー、見てるこっちが恥ずかしいんだっつの・・・」


26xm_50.jpg

「・・・ちょっとは、僕にも感謝しといてよね」




それは12月26日、ほんの少しクリスマスみたいなおはなし。
******************************************** 

おしまい。


スポンサーサイト
Category : The茶番
Posted by 北の海苔 on  | 2 comments  0 trackback

-2 Comments

安藤さん says...""
こんばんわー!

あの・・・ちょっと・・・いいですか・・・?///
北の海苔さん!!26日のクリスマスのやつ!見ましたよ!!!
あああああやっばいんじゃあああああああああああ!!
てか、最初のSSにまじきちポーズ使っててクソワロリンスwwwwwwwww
いやああ!いいっすねぇ!!過保護なおにいちゃんかわいい!
正義くんマジイイコ・・・!ほんと、いいこ!よくやったよ!君ぃ!!
ていうか、ああ!公式カプであるぼっちくんと布施君がやばいです///
ツンデレきたーーー!ああ・・・もっともっとやってください!
ほら!恥じらいなんか捨てて!!!丸裸になればいいんですYO!!
着実にお互いの仲が深まっている二人にとってもほっこりしました^///^

ところで、正義くんのお相手にわたくし、筆者が立候補してもいいですかね?
えへへ・・・///素敵なお話をありがとうございました!^^
2013.12.28 03:05 | URL | #- [edit]
北の海苔 says...""
安藤さん、こんばんはー!

やだ・・・見てもらった上に・・・コメントもらえるなんて!うれしい!ビクンビクン
そんなに北のを喜ばせてどうなさるというのです///
そして安藤さんのあのポーズセットがかなりガチでお気に入りになっておりましてww
ここぞとばかりに使いたいのです!これでもかって使わせていただきたいのですよ!

兄貴の弟スキーをつい推してしまいます/(^o^)\<出番少ないブラコンなんて

空気読めるんだよ僕って、本当はね、をコンセプトおいたら牧田があんな感じになりましたw
実はいい奴という響きが好きでして・・・ベタな良い子もよいものです///

良介と譲治がほんの少しだけでも進展させられてよかったですよー!
色々な方から言って頂いて気付いたのですが、良介ってツンデレ枠になるんですね・・・!(。□。)
この路線で押していけばもっと進展させられそうです!これは勝てる!
わすの代わりに譲治を全裸待機させておきます。

これからちょこちょこと、ストーリー形式を入れて進めていこうと思っておりますので、よければお付き合いしてやってください・・・(*´q`*)

安藤さん、正義のココ、空いてますよ///

こちらこそ小話へのお付き合いとってもありがとうございましたー!
2013.12.30 02:04 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://haihin365.blog.fc2.com/tb.php/228-be4e4f5a
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。