廃品廻収‐ 365 Dust box - | シムズ3のフリーウィル観察日記をメインに、たまに他のゲームのプレイレビューをしたり、絵を描いたりするブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 北の海苔 on  | 

小林さんの農場物語 10話

hmsim189.jpg

あの後、どこを探しても赤川君の姿は見当たらなかった。



hmsim190.jpg

時間にしてみれば、それは短い付き合いだったかもしれないけれど、
オレにとっては大事な友達なことに変わりは無い。


hmsim191.jpg

彼のことを諦めるなんてとても出来なくて、結局オレはこの島に住むことに決めた。


hmsim192.jpg

ただ、あてもなく海を泳いでいたあの頃とは違う。
あれから色々なことをひたすら勉強して、覚えた知識を頼りに今もこの広い海の中を探している。

hmsim193.jpg

この先、何年経っても必ず赤川君のことを・・・







hmsim194.jpg

とか小話やってないで、さっさと探しに行けって感じですよねえ。わーかってますもーん。
どうもどうも、ようこそ小林・・・今のは何かって?

えっ?ステキなオレのサクセスストーリーへのはじまり、でしょ?

・・・・・・逃避行していたいのよ。目の前の現実からさ。

hmsim195.jpg

なんだってあんなところに入って行っちゃうんすかね、赤川くんって人は!

だいたい誰が探しに行くと思ってんのよ。
オレだよ、オレオレ。

hmsim196.jpg

何かはみ出てる・・・はみでてますよ・・・


仕方ないといいますか、あー、もー!何かあったら責任取ってもらいますからねー!



hmsim197.jpg

  ゜

    。


hmsim198.jpg

・・・うわあ。
暗いところ危険、怖いこわい、もう入りたくない、何なの、ホントなんなの。うわあ。

新太   「・・・えーいち君、大丈夫かい?」
栄一朗 「それはこっちの台詞ですがっ!ていうかなんで普通にいるんすか!!」
新太   「ええ?そりゃあ、いるよ。同じところ通ってきたんだから」


そういうことじゃないでしょ!・・・そういうことじゃないでしょ!?
小林が間違ってるの?そうなの?ねえ、何とか言ってやってくださいよ。ねえ。


hmsim199.jpg

栄一朗 「もう疲れましたよ~~。そろそろ終わりにしませんか」
新太   「ん、いいけど。身体、弱いんだねぇ」


やだ!さすがのオレでも手が出ちゃいそう、この人っ!
ここが水の中でよかったですね。本当にね。

もー、どれだけ心配したと思って・・・

hmsim200.jpg

えっ



hmsim201.jpg

栄一朗 「ああああ、赤川くん!こっち来ちゃダメですよ!メッ!」

新太   「えーいち君・・・何だろう、その言葉遣い・・・」

や、そこじゃねーだろ!!


hmsim202.jpg

ちょっと!

やだっ!

まだ生きていたいっ

hmsim203.jpg

ぎゃーーーーーー!


hmsim204.jpg

さめ  「あー。おたすけー」

hmsim205.jpg

はー、ふー・・・。
お助けーって叫ぶ鮫なんていねーし。棒読み感あったし。ふざけろですよ。

でも、ざまーみろってヤツですよね!人間の本気って凄いね。
ほんきをだせば、さめにもかてる。


そうだっ、赤川くんは・・・!


hmsim206.jpg

・・・いねーし。






hmsim207.jpg

栄一朗 「あ~か~が~わ~!オレ、死ぬかと思いましたよ!?何こんなところまで逃げてんすかっ」
新太   「サメも遠くに逃げ出すなんてさすがだねえ、えーいち君」
栄一朗 「おめーのはなしだよ!!」


二人とも無事だからまあ、いいんすけどね。ちょっとだけ納得いかないです。
結局、海でもあんまり遊べなかったなあ・・・

そんなこと言っても仕方ないですもん、そろそろ戻りましょうか。





hmsim208.jpg

新太   「えーいち君、今日は悪かったね。お詫びに明日はデートでもしようか」
栄一朗 「・・・なん・・・ですと?」

hmsim209.jpg

新太   「街で遊ぶのは楽しいよ。俺が教えてあげる」
栄一朗 「え、いや、いやいや。いいですが。非常に遠慮しますが」

新太   「そのためにもゆっくり休まないと。疲れたんだろう?ほら、早くおやすみ」




hmsim210.jpg


・・・・・・・・・・。

あああああ。
どこをどうしてこうなってるんすかね!なにとぞご勘弁を!といいますか、なんでそうなったんすか!
でも・・・長い人生、こういうことも、あるもんでしょうか?

ねーよ。

次回、「デートとオレと赤川くんと、ときどき小林出張販売店」をどうぞご贔屓に、ですか?
語呂・・・悪いなあ。




キリを良くしたら、なんとも微妙な長さに・・・(^q^)<メッチャ短イナ
書いてるときは面白く、更新すると恥ずかしいのが小林農場です。かしこ。

スポンサーサイト

Posted by 北の海苔 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://haihin365.blog.fc2.com/tb.php/252-76689e74
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。